漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

荒川弘作品が好きになる、オススメ漫画4選

      2015/06/12

Pocket

私が大好きな漫画家、荒川弘(あらかわ ひろむ)先生の漫画をご紹介します。

名前から勘違いする方が多いと思いますが、女性漫画家さんです。

「女性漫画家が漫画内で使うギャグは面白くないものが多い。」という声をよく聞きますが、荒川先生の漫画内で使うギャグはとても面白いと私は思います。

シリアスな内容の漫画の中に、ちょっとした笑いを入れるセンスは群を抜いています。

男女共に好きになる漫画を多く書かれている漫画家さんだと思います。

 

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 wikipedia

「鋼の錬金術師」は、月刊少年ガンガンにて、2001年~2010年に連載された傑作漫画です。

累計発行部数は6100万部を記録だそうで、当時の大人気コミックだったことがよく分かります。

恥ずかしながら、私は連載当初に読んでいませんでした。

ある日ブックオフで立ち読みしたところ、あっという間にその魅力にはまってしまい、2週間かけて全巻買い集めました。

この漫画の魅力は、全27巻でテーマが一貫していること、登場する全ての主要人物に見せ場があることです。

タイトルにもある「錬金術」をもとに繰り広げられる壮大な物語、旅の途中で出会う多くの魅力的な人物は、読み手を飽きさせません。

特に最後の戦いは、数巻に及ぶ長い戦いですが、全くだらけることなく完結させているところは本当に凄い。

27巻の長い巻数でこれだけまとまったストーリーの漫画はそう無いと思います。

 

アルスラーン戦記

アルスラーン戦記 wikipedia

2015年4月現在、まだ3巻しか発売されていない作品です。

これから荒川作品を楽しみたい方は、アルスラーン戦記から始めるのもアリだと思います。

3巻しか発売されてないのに、なぜかアニメが放送されているという謎。

正直私、こういう中途半端にすぐ最終回になるようなアニメ放送は好きじゃないです。

まあ、漫画家さんには関係は無いと思いますけど。

原作のある荒川作品で、原作は田中芳樹氏の「アルスラーン戦記」。

頼りない主人公のアルスラーン王子が、裏切りにより国を追われたが、有望で忠誠心が高く、人間味のある仲間たちと共に、自らの国を奪還する物語。

民のため、国のため、国を取り戻す旅のなかで、これからいかに主人公のアルスラーン王子が成長するか、今後がとても楽しみな漫画です。

 

銀の匙

北海道の農業高校を舞台とした学園漫画です。

荒川弘先生自身の経験を基に、北海道の農業高校と、それにまつわる農家や畜産家のリアルが描かれていて、本当に「良い漫画」。

以下の記事を書いていますので、よければそちらを読んでみてください。

「 「銀の匙」は、酪農・畜産・農業を漫画で面白おかしく学べる最高のバイブル 」はこちら!

 

おまけ 百姓貴族

百姓貴族 wikipedia

酪農、農業を面白おかしく描く漫画エッセイともいえる作品。

「銀の匙」が好きなかたでしたら、絶対この漫画も好きになれると思います。

ストーリー性がある作品というわけでなく、1話完結系というか、荒川先生が自由に書いてる感じも良いです。

編集者と荒川先生のやりとりが、まさに「自分もそう思う」って納得できるのですが、「いやいや、北海道の農家は違うんだよ」みたいなやりとりが好き。

Pocket

 - 作者別 オススメ漫画紹介