漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

弱小チームの監督が主人公のサッカー漫画「GIANT KILLING」

      2015/06/26

Pocket

こんにちは、漫喫住人まさです。

ブログ書いてて思ったんですが、「あ、俺、心理描写好きだわ。」と・・・。

ブログで紹介している漫画の多くは、心理描写が多い漫画ばかり(笑)

まあ、だからこそ今回紹介するサッカー漫画も、「GIANT KILLING」になってしまったんでしょうね。

さて、今回は弱小チームの監督が主人公のサッカー漫画「GIANT KILLING」の紹介です。

スポンサーリンク

『GIANT KILLING』(綱本将也 ツジトモ)とは

「GIANT KILLING」を簡単に説明しますね。

 

概要

弱小プロサッカークラブの監督を主人公に描いたサッカー漫画。

タイトルの通り、監督として弱小チームを率い、上位の強豪チームに勝っていくという展開。

※ GIANT KILLINGとは、日本語の「番狂わせ」に相当する、上位にランクされた他の競技者を打ち負かすことを意味する。

 

あらすじ

主人公の達海は、日本代表経験もある、日本サッカー界の元スーパースター。

若くして怪我のために引退した達海は、引退後にイングランド5部のチームを率い、監督として結果を残していた。

一方その頃、達海が日本選手時代に所属していたチームETU(East Tokyo United)は、低迷が続いていた。

チームの再建を達海に託すことにしたETUは、監督としてETUに復帰することとなる。

ETUはチームとして立ち直ることができるのか、達海の手腕に注目が集まる。

 

原案・取材協力:綱本将也 漫画:ツジトモ

連載開始当初は、「原作」であったが、途中から「原案・取材協力」となったのは、「漫画家と揉めたのでは?」と、ネット上でかなり噂となった。

だが、それ以降も相変わらずの人気作品であるため、今後も心配は無いように思われます。

 

「GIANT KILLING」をオススメする理由 BEST5!!

私が「GIANT KILLING」をオススメする理由5つを紹介します!

 

監督が主人公の斬新なサッカー漫画!

監督が主人公のサッカー漫画って珍しいですよね。

だからこそ、ただサッカーの試合を延々と描写するだけでなくて、毎試合必ず監督同士の心理戦が描かれています。

サッカー漫画をいっぱい読んできたけど、「GIANT KILLING」を読んだことないかたは、斬新なサッカー漫画なのでハマるかも!?

 

リーダーシップが学べる!

監督として選手との信頼関係を築き方や、試合に向けてどう鼓舞していくかなど、現代社会において参考になる点が多いです。

若いサラリーマン世代に絶大な人気を誇っていることがそれを証明しています!

※ 最後に紹介していますが、「リーダーシップ論」という書籍が出るほどです!

 

他チーム監督のチーム運営も見えてくる!

上にも書きましたが、毎試合必ず監督同士の心理戦が描かれます。

なので、それまでどうやってチームを統率してきたか、どういうコンセプトでチームを作ったか等、達海以外の考え方もよく登場します。

いろんな監督の考え方やチーム方針が描かれているので面白いですよ。

 

クラブチーム運営の話など、サブストーリーも豊富!

ETUのクラブチーム運営方針など、いわゆるフロントの悩みを描いたストーリーがあるなど、サブストーリーが豊富です。

主人公が監督だからこそ、フロントとの繋がりも大きいわけで、そういう描写が多いんだと思います。

 

アニメ化もしている人気漫画!

人気漫画には人気の理由がちゃんとあります!

「GIANT KILLING」は、アニメ化されたほどの人気漫画なので、買って読もうか悩んでいるあなたがハマる可能性は、かなり高いです!

※ 可能性の話ですよ(笑)

 

まとめ

タイトル負けしてない漫画かどうか、興味あるかたは是非読んでみてくださいね!

 

こちらにも注目!

「GIANT KILLING」のリーダー論!

Pocket

 - アニメ化されたオススメ漫画紹介, 集め始めたい!未完のオススメ漫画紹介