漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

田村由美の異色作品「イロメン -十人十色-」は、コミカルに雑学知識が得られる漫画!

   

Pocket

こんにちは、漫喫住人まさです。

最近暑くて困りますね・・・

職場から漫画喫茶までの数分の徒歩もつらいです(汗)

まあ、それでも今日も漫画喫茶ランチしてきましたが(笑)

今日はグラゼニの最新巻が出てたので読んできましたよ!

グラゼニはやっぱり面白い!

プロ野球の『お金』に着目した斬新な野球漫画「グラゼニ」

今回は、今日読んだ他の漫画の中の1つ「イロメン -十人十色-」を紹介しますね。

スポンサーリンク

『イロメン -十人十色-』(田村由美)とは

「イロメン -十人十色-」を簡単に説明しますね。

 

概要

十色商事に勤務する青木・緑川・赤木らが、自身の名前に関連する「色」にまつわる会話劇を繰り返すショートストーリー風漫画。

 

あらすじ

十色商事に勤務する青木と緑川は、昼食を食べながら、2人が所属する部署に足りないものを考えていた。

そこで出た結論は、「赤と黄と桃色が足りない」ということ。

※ 青木と緑川は、それぞれ「青」と「緑」で、戦隊物になぞらえている。

そんな中、所属する部署に新メンバーが入ってくる。

桃栗(ももぐり)さんと枯枝(かれえだ)くん、そして、NY帰りの赤木だ。

桃栗さんは「桃」、赤木は当然「赤」。

そして枯枝くんは、「黄」に認定される。

※ かれえだ → カレエダ → カレーダ → カレーだ → 黄

彼らのカラフルな毎日が始まる!

 

作者:田村由美

私が大好きな少女漫画家さんの1人です。

こんなコミカルな漫画も描かれるとは思いませんでした・・・

それほど他の作品とは一線を画した作品が「イロメン -十人十色-」かと思います。

田村由美作品が好きになる、オススメ漫画

 

「イロメン -十人十色-」をオススメする理由 BEST5!!

私が「イロメン -十人十色-」をオススメする理由5つを紹介します!

 

それぞれの色にまつわる会話劇が斬新かつコミカル!

例えば第1回の青木の登場シーンは、

「青豆ごはん、青菜炒め、青魚の塩焼き、青ナスと青じその味噌汁、社食メシブラボー」

という発言での登場です(笑)

ここまでで分かるとおり、青木(青)は「青にまつわること」ばかり話します。

緑川(緑)は「緑にまつわること」ばかり、以下略・・・。

こんな「自分の色が一番なんだぞ!」っていう会話がずっと繰り広げられるショート漫画なんです!

 

色に関連する多くの雑学知識が学べる!

上に書いている通り、各色の「自分の色が一番なんだぞ!」がどんどん出てくる漫画です。

各色における雑学知識も登場してくるので、読んでいて「へ~」となることも(笑)

 

親父ギャグ表現も多い!

あらすじに書いている、枯枝くんの「黄」認定される流れを見ればお察しです。

親父ギャグと言えるような内容もたびたび登場するので、なかなかシュールな漫画とも言えます!

 

こんな部署に所属してみたいと思える!

一緒に働くと面倒かもしれない彼らですが、これだけ仕事中に会話を繰り広げるような部署に所属してみたい!

※ 私が勤務している会社、全く会話しないので・・・(汗)

 

感動漫画が多い田村由美先生の異色作品!

田村由美先生といえば、「BASARA」や「7SEEDS」といった、男性でもハマる少女漫画を描かれる代表的漫画家さん。

そんな田村由美作品の中でも異色の漫画「イロメン」は、田村由美ファンなら是非読んでおきたいところです!

※ 個人的には「イロメン」より、まずは「BASARA」や「7SEEDS」を読んでほしい(笑)

下記記事にて紹介しているので、是非読んでください。

田村由美作品が好きになる、オススメ漫画

 

まとめ

読んだら日常会話のバリエーションが増えるかもしれませんよ(笑)

Pocket

 - 管理人の日記