漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

20年の時を経て映画化、アニメ化された「寄生獣」

      2015/05/31

Pocket

こんにちは、漫喫住人まさです。

今日は本屋に行ってきました。

目的は・・・お察しの通り、漫画だったのですが(笑)

私が行く本屋だけかもしれませんが、最近の本屋は、試し読みできる漫画が多いですよね!

試し読みできる漫画は面白い漫画が多いので、見つけたときは必ず読むことにしています。

今日読んだ漫画もとても面白かったので、そのうち紹介したいと思います。

さて、今日は20年の時を経て映画化、アニメ化されて、最近何かと話題のあの漫画をご紹介します。

『寄生獣』岩明均

寄生獣 wikipedia

空から大量の生物が飛来するところから物語は始まる。

その生物は鼻や耳など、体の穴の部分から人体に進入し、脳を奪い、人間に寄生するという性質を持っていた寄生生物だった。

寄生された人間は、他の人間を捕食する生物となり、全国各地で発生していた「ミンチ殺人事件」を引き起こしていた。

そんな中、主人公の新一にも、寄生される危機が迫り、1匹の生物に襲撃されるも、間一髪で脳の乗っ取りだけは免れたが、右手に寄生されてしまった。

右手に寄生した生物は自我を持ち、新一と行動を共にすることとなる。

物語は、「人間」と「寄生生物たち」、「人間と寄生生物の両面を持った新一」という三者に渡って構成されているが、新一の心の葛藤、新一と寄生生物との友情が多く描かれていて、ホラーなどとは一線を画す内容。

寄生生物たちはなぜ地球に来たのか、人間は寄生生物から自分たちを守ることができるのか、寄生生物に体の一部を奪われている新一はどうなるのか・・・

中学、高校時に購入し、今までに何度も読み直した名作です。

寄生生物と聞くと、内容がグロくて、よくあるパニック漫画と変わらないのでは?と思うかもしれませんが、そんなんじゃありません。

読んだ後にとても心打たれる内容で、考えさせられます。

読み直すたびに、何かを思い、その何かは毎回内容が少しずつ違うんです。

それだけいろいろ考えさせられる内容だと思いますし、涙するところもあるし、本当に良い作品です。

「グロいのはダメ」というだけで読まないのはもったいない!

Pocket

 - 保有漫画のご紹介, 大人買い推奨!完結したオススメ漫画紹介, 実写化、映画化されたオススメ漫画紹介