漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

「マンガ大賞2015」受賞作品を読んで、感想をまとめてみました!

      2015/09/03

Pocket

こんにちは、漫喫住人まさです。

「マンガ大賞2015」受賞作品を読んでみました。

まだ読んでない漫画もありますので、読むたびに記事を更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

第1位 『かくかくしかじか』東村アキコ

笑えて、泣けて、自分の人生を考え直すきっかけにもなる良い漫画。

一気に読んでほしい漫画です。

「かくかくしかじか」は、恩師に対する手紙でもある自伝エッセイ漫画!

 

第2位 『子供はわかってあげない』田島列島

不思議な世界観の漫画でした。

よく分からないけど引き込まれる、中毒性がある漫画です!

「子供はわかってあげない」は青春漫画と思いきや・・・不思議な世界観で中毒性がある漫画!

 

第3位 『聲の形』大今良時

舞台は小学校から始まる。

聴覚障害によっていじめや嫌がらせを受けるようになった少女・硝子と、クラスメイトである将也が主人公。

将也は、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていくことになる。

その後高校生となった将也は、自らが過去に犯した罪を重く受け止め、葛藤し、硝子を探し続けていた。

硝子と将也は偶然にも再会し、その後2人は交流を続けていくこととなる。

タイトルの「聲の形」は、「こえのかたち」と読みます。

聴覚障害を持った少女に気持ちを伝えようと頑張る少年の姿に、いろいろと考えさせられる漫画です。

人に気持ちを伝えるって、相手が障害を持っていたとしても、そうでなくても、とても難しいものですよね。

中高生の頃に出会いたかった漫画です。

 

第4位 『僕だけがいない街』三部けい

面白すぎて・・・

先が気になりすぎて・・・

大人買い推奨!買っても絶対損しない、自信を持ってオススメする漫画です。

「僕だけがいない街」は、読んだら絶対他人にオススメしたくなるミステリー漫画

 

第5位 『BLUE GIANT』石塚真一

作者は石塚真一先生で、「岳」に続く待望の連載作品です。

本当にいい漫画、かなりオススメ。

純粋で真っ直ぐな主人公に惹かれること、間違いなしです!

「BLUE GIANT」は、世界一のジャズプレイヤーを目指す純粋な少年の物語 」

 

第6位 『ボールルームへようこそ』竹内友

いじめられっこが社交ダンスを通じて成長し、自分の未来を切り開いていく物語。

王道なストーリーだからこそ面白い!

「ボールルームへようこそ」は王道のストーリーを受け継いだ社交ダンス漫画!

 

第7位 『イノサン』坂本眞一

ごめんなさい、まだ読んでいません(汗)

 

第8位 『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平

ごめんなさい、まだ読んでいません(汗)

 

第9位 『王様達のヴァイキング』さだやす 深見真

社会不適合者とも言える孤独な天才ハッカーと、彼の才能を高く評価し、ITの世界で「一緒に世界征服をしよう!」と持ちかけた投資家の物語。

ハッキングの技術とIT知識しか持ち合わせていなかった主人公が、人間としてどんどん成長していきます!

「王様達のヴァイキング」は、天才ハッカーと投資家がITで世界征服を目指す漫画!

 

第10位 『累 -かさね-』松浦だるま

私、この漫画大好きです。

ミステリー要素あり、ホラー要素あり。

読み始めたら止まらなくなること間違いなしです!

実写化されたら間違いなく面白い!本格ミステリー漫画『累 -かさね-』のご紹介

 

第11位 『月刊少女野崎くん』椿いづみ

ごめんなさい、まだ読んでいません(汗)

 

第12位 『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ

特殊な能力を持つ少女は、その能力ゆえに家族からも周囲からも距離をおかれ、不幸な生活を送ってきた。

少女の特殊な能力に目をつけた謎の男は、彼女を「商品」としてオークションに出品。

彼女の買い手となったのが有名な魔法使いで、彼女を将来の嫁として迎えるというところから話が始まる。

ファンタジーな世界観と絵のタッチは、男性より女性の方が好みそうな作品で、アニメ化されたらもっと人気が出そう。

彼女の持つ特殊な能力の秘密は、2015年4月現在までに出ている3巻までには解明されておらず、続きが気になるところです。

 

第13位 『宝石の国』市川春子

読んだのですが、この漫画の良さが私には分かりませんでした・・・

ファンの皆様、大変申し訳ありません。

 

第14位 『ドミトリーともきんす』高野文子

ごめんなさい、まだ読んでいません(汗)

 

まとめ

まだ読んでないものは、ちゃんと読んでから更新していきます(笑)

Pocket

 - 『マンガ大賞』受賞作品の感想