漫画喫茶の住人が漫画を紹介するブログ

毎週漫画喫茶に通っている私がオススメの漫画を紹介しているブログです。マンガ大賞などの感想や、大人買い推奨オススメ漫画の紹介など、盛りだくさんにしたいと思います。

*

面白い!暴力団に潜入捜査官として入団する「土竜の唄」は、最高に笑える警察漫画!

   

Pocket

こんにちは、漫喫住人まさです。

最近、仕事のストレスがものすごく多いんです。

そんなときは何かでストレス発散をしたいところですよね。

今回紹介する「土竜の唄」は、ストレス発散にはもってこいの爽快な漫画ですよ。

映画化もされて大人気でしたし、この機会に読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

『土竜の唄』(高橋のぼる)とは

「土竜の唄」を簡単に説明しますね。

 

概要

警察の問題児である主人公の菊川玲二が、広域暴力団数寄矢会の会長を逮捕するため、潜入捜査官(モグラ)として入団する物語。

 

あらすじ

主人公は、谷袋署交番勤務で働く、警察の問題児・菊川玲二。

表向きには素行不良で懲戒免職にされるも、実は彼には特別な任務が与えられていた。

広域暴力団数寄矢会(すきやかい)の会長である、轟周宝(とどろきしゅうほう)を逮捕するため、極秘に潜入捜査官(モグラ)を命じられる。

入団後は当然ヤクザとして活躍していく必要があり、任務は会長の轟周宝であることから、ヤクザとして成り上がっていく必要がある。

しかし菊川は警察官でもあるため、犯罪行為を行うこともできない・・・。

警察官としての正義感と、ヤクザとしての立場に葛藤しながらも、菊川は持ち前の優れた洞察力と、エロで鍛えた精神力、並外れた危機回避能力などを武器に成り上がっていくことになるが・・・

 

作者:高橋のぼる

楳図かずおのアシスタントをつとめていた経歴を持つなど、話題性のある漫画家さん。

 

「土竜の唄」をオススメする理由 BEST5!!

私が「土竜の唄」をオススメする理由5つを紹介します!

 

ヤクザといえば、エロ!バイオレンス!

ヤクザといえば、エロやバイオレンスのイメージが大きいですよね。

ヤクザ漫画のイメージなんですけどね(笑)

実際に、「土竜の唄」もエロとバイオレンス表現は多いです。

だけど、いわゆる「目を覆う表現」とかは全く無いんです!

主人公の菊川のエロ・バカなキャラクターや、面白おかしくバイオレンスを描写することで、そういうのが苦手な人でも楽しく読めると思います!

 

下ネタも豊富で笑える!

いつものように漫画喫茶で、私は笑いが声に出ないようにひっそりと笑っていました(汗)

「1巻1笑い」は絶対すると思います!

 

字が少なくて一気に読める!

1冊10分くらいで一気に読めるので、2~3日で全巻読むことも可能です。

ゆっくり読むのもアリなんですが、むしろ読み始めたら全部読みたくなってしまうんじゃないかと・・・(笑)

 

キャラクターが魅力的!

主人公の菊川は当然ですが、それ以外のキャラクターが魅力ある人物が多い!

その筆頭として、菊川怜二の兄貴分となる日浦匡也が挙げられますが、彼は本当に魅力的!

映画では堤真一がハマリ役でした!

日浦匡也が主人公のスピンオフ作品も出ているくらいなので、紹介しますね!

「土竜の唄」にハマったら、日浦匡也が主人公のスピンオフ作品「土竜の唄外伝 狂蝶の舞~パピヨンダンス~」も読むべし!

 

実写映画もかなり面白い!

私が「土竜の唄」を読み始めたのは、映画を観にいって面白かったからなんです。

正直、読まず嫌いの漫画だったんですが、映画の影響もあって一気にハマりました!

ちなみに映画は、ところどころの席から爆笑が聞こえてくるほど笑ってる人多かったですよ。

※ 実際に私も大満足でした!

 

まとめ

「土竜の唄」で笑う週末を!

土日で一気に読めますよ(笑)

 

映画もオススメしておきますね!

生田斗真、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、岡村隆史、堤真一などなど、有名どころの芸能人がたくさん出演しています。

監督は三池崇史、脚本は宮藤官九郎も話題になりました。

さすがクドカン、面白い!

Pocket

 - 実写化、映画化されたオススメ漫画紹介, 集め始めたい!未完のオススメ漫画紹介